• 今のご時世、単身赴任を拒むことはなかなか難しいし、かと言って仕事を新たに探すこともなかなかできません。
    まずは単身赴任が決まったら気持ちを前向きに持ちましょう。
    家族と離れて一人で暮らすことが決まったら住民票の移動からはじめます。
    転勤先で行政サービスを受ける際に必要になります。
    その際に引っ越し先の転出届と転入届も必要になってきますので準備しましょう。
    引っ越し先があなたの会社が準備してくれる寮やアパート、マンションであれば手間はかかりません。
    しかし自分で部屋を探す場合もあります。
    今はネットで単身赴任、部屋探しと検索をかければ普通の賃貸物件を紹介してくれる不動産業者と違った単身赴任者向けのサイトがあります。
    利用してみるとスムーズに行きます。
    とは言え引っ越しの会社を探さなければならないし何が必要かを確認しなければなりません。
    これは家具家電、その他となります。
    最低限必要な物を送っておいて、後で購入するなり送ってもらえば問題ありません。
    そして大事なことは引っ越した後行政機関での手続きになります。
    転入届や運転免許等、郵便物の配達の転送等もあります。
    面倒ではありますがやらなくてはいけない事をリストアップしておいて一つ一つつぶしていけば問題ありません。
    最も大事なことは新生活のストレスもあるでしょうから息抜きも忘れずにしてください。