• セントレード証券という社名を聞いてぴんと来る方はかなりの金融通の方です。
    この会社は2005年から営業を開始したまだ新しい会社ですが、元はDTはやぶさ証券、Gストック証券という名前で営業活動していましたので経験と歴史は長い会社です。
    現在、東京に本社、そして名古屋と福岡に支店を持って外国為替、株式、投資信託、債券といった金融商品を取り扱っています。
    経験を積んだトレーダーや営業社員がお客様の大切な資産を増やすお手伝いをするために、日々常に金融商品を学び、お客様にとってベストな商品をご紹介しています。
    金融商品というのは時間との戦いでもあるために、タイムリーな情報をお客様にご提供する事は非常に重要です。
    そのためセントレード証券ではお客様と日ごろからお電話などでコミュニケーションを密にしてよい投資情報をご提供できるように努めています。
    また外国為替においてはメタトレーダー4という高性能のソフトに対応しているので、やや中級レベル以上のトレードをするお客様にとってはこのソフトを利用して売り買いが出来るセントレード証券は魅力的な証券会社といえます。