• 備え付けの家具は、家と一体感を感じることができるので、空間をすっきり見せることが出来ます。
    また、後付の家具は追加追加で買い足していくと、デザインも寸法もデコボコしていて雑然として見えてしまうこともあります。
    最近は地震で家具が転倒してくる可能性も指摘されていますし、転倒防止の突っ張り棒もありますが、やはり見た目の問題は解消されません。
    ということで、備え付け家具のメリットは安全性が比較的高く、空間をすっきり見せてくれるという点です。
    デメリットは、既存のものなので、家族構成の変化や生活の変化に応じて付け替えることが出来ないという点で、柔軟性に欠けると言えます。
    一般的な家具は、家具屋さんやホームセンターなどで自分にとってベストなものをその都度そろえることが出来ます。
    また、不必要になったとき、処分して生活空間をより大きく確保できます。
    また、ナチュラルテーストだったりバロック調だったりと、自己表現のツールにもなります。
    ということで、メリットは、変化に応じた順応性があるということ、そしてデザイン的にも機能的にも自分の好みの生活空間を作ることができるということです。
    デメリットは、やはり、そろえないと雑然と見えることです。
    こちらをクリック