• 夢はもちろん甲子園出場で、それを目指して日夜練習に励んでいます。
    来年は最後の夏になるということで、悔いの残らない準備をしたいと言っています。
    彼のポジションはセンターで打順は2番を任されています。
    2番の面白さが最近分かってきたと言ってます。
    彼が言うのはヒットエンドランは一二塁間に打つのがセオリーだが、ランナーがスタートするときにショートがベースカバーに入るようならば引っ張ってみるのも面白いとのこと。
    流されたくないと相手が内角を攻めて来ると広がった三遊間を抜くヒットになります。
    彼は高校生なのになかなかクレバーで初めてみる状況に柔軟に対応する適応力を持っています。
    学校の成績も学年上位に入っており、まさに文武両道で両親からの期待も大きいようです。
    大学に入ってからも野球を続けたいと言う西村日出穂さんですがその姿には頭が下がります。
    彼の夢を私は心から応援したいです。