• 私は、中小企業を長年経営しています。
    どうしても中小企業ですと景気の変動だけでなく、様々な要因によってキャッシュフローが変動してしまいます。
    そのため、直近にお金を調達できる方法は、いくつも用意しておく必要があります。
    もちろん銀行などのローンを利用したりするのは、当然の手法としているのですが、それだけでなく最近では売掛債権を譲渡することで、本来でしたら数か月後に入るはずの現金を今すぐに資金として調達する方法があり、その資金調達方法を私は導入しようとしています。
    この資金調達方法は、ファクタリングと呼ばれて、欧州やアメリカではかなり主流となっている手法の様です。
    この手法のメリットとして、資金を借り入れしているわけではなく、本来自分のお金となる予定の売掛金を素早く現金化して運用を行う事ができるという事です。
    キャッシュフローの改善に非常に役立つ方法ですので、私どもの会社では必要に応じて利用していくつもりです。
    別にすべての売掛債権を譲渡するのではなく、必要な分だけ必要なタイミングで資金調達ができるというのは、私どものような中小企業にとっては、かなり嬉しいシステムですので、今後はファクタリングをもっと有効活用していく予定です。