• 2016年の4月から電力自由化が始まりますから、これまでのように住んでいる地域の電力会社からだけしか電気の供給を受けなくてもよくなります。
    つまり、今よりもっと安い電力会社と契約すれば単純に料金が下がるということですが、それだけではないところがこの電力自由化のおもしろいところだと思っています。
    それというのも一見すると電気とは関係ないところも事業者として参入してきますから、どこから電気を買う契約をしてもよいという新しい構造が生まれるからです。
    携帯電話会社から電気を買う契約をしてもよいし、ガス会社から電気を買いますという契約にすることもできるのです。
    電力会社から電気を買うことを選ばない理由は、電気を買うことに決めた事業者が持つサービス内容にあります。
    携帯電話会社に決めれば通信費が安くなる可能性がありますし、ガス会社にすればガスの利用料金がお得になるのは間違いありません。
    他にもさまざまな事業者が参入してくることによって、電気料金そのものを下げるか、それとも他の何かの料金を下げて電気料金を間接的に安くするかのどちらかの方法を選択することになります。
    何にすれば一番お得になるのか、その比較検討をするのも案外楽しいかもしれません。
    電力自由化ライフ