• 会社を経営していると、収支管理や税金の申告が必要になります。
    日本ではしばしば税制が変わるため、その都度、対応することは至難の業です。
    2014年4月には消費税率が5%から8%にアップし、それまでに仕入れた商品の売り上げや、税率変更以降の扱いなどについて対応に苦慮している会社も多いことでしょう。
    こうした面倒な対応を任せて安心なのが、税務のプロである税理士です。
    税理士は税金の申告や税務アドバイスだけでなく、実は経営の相談にも長けています。
    よく経営者は孤独だと言われます。
    従業員の上に立つ以上、不安を口にすることもできず、すべてを抱え込んでしまう経営者が多いのです。
    そんなとき、税理士が相談に乗ってくれたら、どんなに心強いでしょうか。
    もし、大阪で会社を経営されているなら、羽原公認会計士事務所に相談してみましょう。
    税務相談や財務・経営に関する個別の相談はもちろん、いつでもサポートを受けられる顧問契約も締結することができます。